<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-MCDW6B" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">

ユーロセンターについて知る

70年以上にわたり、生徒を受け入れています。

70年の経験

70年以上にわたる語学教育の経験を持つユーロセンターは、世界中の学校で最高水準のサービスを提供することをお約束します。公式に認定されている語学学校で、優秀な教師陣と熱心なアドバイザーの指導のもと安心して勉強することができます。

ユーロセンターは、語学習得を豊かで個人的な経験に変えることを目的として1948年に創立されました。以来、国際語学教育のマーケットリーダーへと成長を遂げ、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、南アフリカ、そしてオーストラリアの各地に学校を展開しています。

  • eurocentres-benefits-thumbsup@2x

    より簡単に

    世界中にある学校と多言語アドバイザー
  • eurocentres-benefits-lecturn@2x

    私たちは語学教育の分野に大きく貢献しています。

    1948年以来、ユーロセンターは世界中の学生のための学習経験の向上に取り組んできました。
  • eurocentres-benefits-mountain@2x

    クラスルームの内外で学習の機会を提供

    成功する留学は、どこの国でも可能な個人的な経験であると信じています。ユーロセンターの学校では、留学先の国の文化に浸ることが簡単にできます。
  • eurocentres-benefits-social@2x

    パートナーシップとコラボレーション

    1948年にボーンマスに最初の学校をオープンして以来、ユーロセンターは世界中の17の異なる場所で学校と生徒をつなぐ国際的な組織となりました。
  • 70

  • discover-cta-icon-white@2x

    ユーロセンターについて知る

    ユーロセンターは、70年前に世界中からの人々の出会いの場として始まりました。以来、70年以上にわたり語学教育の分野に多大な貢献をしてきました。そして、革新的ですぐれた教育を提供することでさらなる学習経験の向上に尽力しています。

  • 15,000 人以上の学生

  • 100% の成功を保証

  • 87% の生徒が「素晴らしい」と評価

  • 50年 欧州言語教育評議会のコンサルタント

New Eurocentres Logo

70年の歴史

開拓期: 1948-1960

1948:Erhard Waespiがボーンマスにユーロセンターとして初の語学学校を開校。

1959:初期のユーロセンター校がMigros Cooperativesの注目を引く。創始者であるGottlieb Duttweilerが既存校と引き継ぎ、フィレンツェ、バルセロナ、ケルンに新しい学校を開校。

1960:Gottlieb Duttweiler らにより、独立財団であるユーロセンター ヨーロッパ語学教育センター(European Language and Educational Centres )が創立され、年間4,300名にのぼる生徒がユーロセンターで学ぶ。

 

1960:

Gottlieb Duttweiler らにより、独立財団であるユーロセンター ヨーロッパ語学教育センター(European Language and Educational Centres )が創立され、年間4,300名にのぼる生徒がユーロセンターで学ぶ。

発展初期: 1960-1975

1960: この期間にフランス、スペインそしてアメリカ各地の学校との協力が始まる。

1968:欧州評議会より、言語指導と習得の分野における顧問の地位である“Staus Consultatif de la CategorieⅠ”が唯一の非政府組織としてユーロセンターに授与される。

1975:ユーロセンターで学ぶ生徒数が年間2万人を超える。

新たな教育学的概念の実行: 1975-1985

1977:ロンドン校が、英国で初めて語学習得を目的としてデザインされた学校として建設される。 同時に新たな教室デザイン、自習学習のコンセプト、そしてコンピューター利用の言語学習の先駆けとなる。

1984:ケンブリッジ校が、成人を対象とする英語教授を目的とした第二のモデル校として建築される。

1977:

ロンドン校が、英国で初めて語学習得を目的としてデザインされた学校として建設される。 同時に新たな教室デザイン、自習学習のコンセプト、そしてコンピューター利用の言語学習の先駆けとなる。

第二発展期 1986-1999

1986:ドイツのコロンに、初めてドイツ語を教授する目的で建設されたコロン校が開校する。

1988:アメリカ、日本などヨーロッパ以外の地域で新たな学校を開校。

1990欧州言語教育評議会は言語学習と評価の重要な枠組みであるCEFRの開発のための支援をユーロセンターに依頼。

1991:ラ・ロシェルに語学教授の目的で建設された新しい校舎が完成。フランスでパリ、アンボワーズ、ラ・ロシェルの3校を展開。

1993:新たなコース証明の基礎として“ユーロセンター語学習熟度スケール”が実施される。これは教師が個人のニーズによって、確実なテストを行うことを可能にしたコンピューター化された語学テストシステムの開発によるものである。

1995:スイス、スペイン、ブラジルで初のコンサルタント協定が策定される。

1999:カナダとマルタの提携校よりコースを提供する。

1993:

新たなコース証明の基礎として“ユーロセンター語学習熟度スケール”が実施される。これは教師が個人のニーズによって、確実なテストを行うことを可能にしたコンピューター化された語学テストシステムの開発によるものである。

第三発展期 2001-2008

2002:カナダにユーロセンター2校を展開、またマルタ、オーストラリア、スペインの提携校との協力のもと、さらなる提携関係の発展を遂げる。

2005:この時までにオーストラリアに新しい2校、そしてニュージーランドのオークランドにユーロセンターを開校する。

2006:南アフリカのケープタウン に、ユーロセンターケープタウン校を開校する。

2007:ドイツ語を教授するため、新しくユーロセンターベルリン校を開校する。

2008:ユーロセンターシドニー校の開校により、オーストラリアのユーロセンター全校のネットワークが完成する。 現在:ユーロセンターは、文化を超えたグローバルな対話を維持している学校、機関、および事務所のネットワークを持つ、国際的に認められた組織であり続けています。

認定

  • british-council@2x
  • english-uk@2x
  • eaquals@2x
  • english-austrailia@2x
  • neas@2x
  • government-canada@2x
  • languages-canada@2x
  • education-south-africa@2x
  • ezgif-4-b73a1a9f9a98 copia
  • british-columbia@2x
  • institute-cervantes@2x
  • acels@2x
  • english-usa@2x
download-cta-icon-white@2x

パンフレットのダウンロード

ユーロセンターの学校のより詳細な情報については、今すぐパンフレットをダウンロードしてください。

サクセス・ストーリー

  • Yuki Nakamoto

    success-story-image-1
    「ユーロセンターのおかげで地元の小学校でボランティアとして働く機会を得ました。」
  • Andressa Rodriguez

    success-story-image-3
    「コースの教材は優れていて、教師陣も素晴らしいです!みんなのことが大好きです!」
  • Fusako Ishikawa

    Fusako Ishikawa
    「フランス語だけではなく、フランスの文化、ライフスタイル、食べ物、そしてワインについても学べました。」