メインコンテンツに移動

Country Selector

問い合わせ & 予約
1-866-869-3520

詳しいご相談も喜んでお伺いします - 今すぐお問い合わせください!

旅行相談ホットライン
1-866-869-3520
Skype: eurocentres_sales

Eメール
コンタクトフォームからお問い合わせください.

直接お越し頂いてのご相談
56 Eccleston Square
SW1V 1PH London/UK

試験対策コース

ユーロセンターの各コースを修了された方には、達成されたレベルを 明記した修了証をお渡ししています。さらに認定資格を希望される方 のために、ユーロセンターでは主要な語学検定試験の受験に備えたハ イレベルの試験対策コースをご用意しています。

言語の証明書を手に入れて、夏を楽しみましょう! 外国での楽しくエキサイティングな滞在とケンブリッジ英語検定などの語学検定に向けて準備してくれる語学コースを組み合わせましょう!どこのビーチで試験準備コースを受講できるか今すぐお調べください!PET FCE CAE CPE

特別提供: さらに、ユーロセンターの現在の特別提供をご覧ください!たくさんの割引コースをご用意しています!

無料の語学力評価テスト
語学学習体験に飛び込む準備ができているなら、まずは学力レベルを自ら把握されておくといいでしょう。ここでユーロセンター独自の語学テストを利用して語学スキルを評価できます!

Preliminary English Test (PET)

歴史あるケンブリッジ大学の検定試験は、企業においても高く評価されています。長期コースで最大限の上達を遂げるように構成されています。テストでは、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング力が試されます。 ファイナルレベル:ユーロセンターレベル5 スペシャルレッスンではケンブリッジ英検PETに合格するために必要な練習を行います。PETはコミュニケーション力に重点を置いた試験であり、英語力上達に有効な学習経験となります。

期間(週):
7-11
最大クラス人数:
14
最低試験レベル:
3
Course intensity (in lessons):
スーパーインテンシブ30

ケンブリッジ英語検定 FCE ―まずはFirst!

英語能力の認定を受けて周りの一歩先に:Cambridge First Certificate in English(FCE)は世界でも有数の英語検定であり、多くの大学や企業で認められています。FCE試験に合格するとヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)のB2レベルに達していることが証明でき、履歴書でも有利な条件となります。その言語を日常生活や仕事、学業において自立して使用できるという指標になります。
 

FCEを受けるべきなのはどのような人ですか?

  • すでにB1レベル以上にある語学学生(高校生)
  • 少なくとも英語を6年勉強している語学学生(高校生)
  • 留学を希望する大学生
  • 就職で有利になりたい求職者
  • 国際的企業の社員

すでに英語でB2以上のレベルに達していますか?その場合はCambridge Certificate in Advanced English(CAE)の受験をおすすめします。この試験はすでに十分な英語の知識がある語学学生(高校生)を対象としており、合格すると英語上級者であることが証明できます。FCEを受験する準備ができていないと感じる場合は、まずPreliminary English Test (PET)を受験することも可能です。このテストでは、仕事、学習、旅行での言語に関する実用的な知識が必要であり、それを証明するものです。

 

FCEの利点は何ですか?

  • 英語の能力を評価する権威ある国際基準
  • 世界各地の1万2000以上の大学、企業、機関が認定
  • 英語での高等教育のための強固な基礎を提供
  • 毎日の生活を英語で送るための準備

FCEの試験形式と内容

段階的に英語力の証明書を取得: Cambridge Firstは複数のセクションに分かれています。試験の各セクションは英語能力の異なる側面をテストします。試験官は、読解、聞き取り、文章や口頭でのコミュニケーションなど、文法や語彙の知識を評価する様々なタスクを通じて受験者の能力を評価します。試験の所要時間は合計で約3時間半です。
 

英語の読解と運用

Cambridge Firstの最初のセクションは2つの能力を評価します。最初のテストは読解力を試すものです。英語の書籍、新聞、雑誌の文章が提示されます。文章は明示的および暗黙的な内容の両方を理解する必要があります。「明示的」とは詳細な情報や重要なテーマを指し、「暗黙的」とは文章内のトーンや意味合いを指します。次に空白に記入したり、間違いを訂正したり、複数の単語から正しいものを選択したり、文章を文法的に正しいものに書き直したりします。これはあなたが英語の構文に精通しているか、そして語彙力があるかどうかをテストするものです。英語の読解と使用のセクションで与えられる時間は75分です。

 

ライティング

次のセクションでは、2つのエクササイズで書く能力がテストされます。最初のエクササイズでは特定の質問に応じてパラグラフを書いていきます。これはトピックに関して適切な議論となる文章が書けるかどうかを示すものです。第2のエクササイズでは3つの選択肢の中から1つのトピックを選んで文章を作成します。一般的に選択肢は、記事、手紙、メール、批評です。ライティングセクションで与えられる時間は80分です。各文章への時間の配分は受験者に委ねられています。

リスニング

Cambridge First Certificateのこのセクションではリスニングの能力をテストします。日常会話の録音を聞き、その内容に関する様々な質問に答えます。試験のこのセクションでは一般的な話題の要点だけではなく、詳細の理解も必要です。試験で使用される資料は、ニュース、トークラジオ、日常会話でのモノローグやダイアログなどの抜粋となります。
録音の声は世界中の様々な場所のネイティブスピーカーのものです。これは英国の英語や米国の英語など、主要な英語アクセントを理解している必要があることを意味します。リスニングセクションで与えられる時間は約40分です。
 

スピーキング

スピーキング能力を判定する最良の方法は実際に対話をすることです。よって、フリースピーキングテストは対面で行われます(試験官とその他1人の受験者)。最初は自己紹介をするよう求められます。試験官はあなたの仕事や興味について質問します。次に受験者は2枚の写真や画像を見て、それに対して話すよう求められます。さらに受験者はそれぞれもう一人の受験者の話した内容についてコメントを求められます。
 
その次は特定のトピックに関連する画像を使用して、他の受験者と会話をします。会話中、試験官はしばしば受験者2人に意見が一致したか質問します。例えば子供に適切な趣味は何かを話し合ったり、様々なスポーツを比較したりします。2人の受験者が同意に達したら、試験官は別の指示を出します。試験官は具体的なフォローアップの質問をし新しいアイデアを提供することで会話の範囲を広げ、会話能力を披露する機会を与えます。
 
全体としてスピーキングのテストに合格するかどうかは流暢に英語で会話ができるかどうかによって決定します。適切な文法や単語の選択、正確な発音や強勢の使用など、これらのすべての要素が重要になります。試験のスピーキング部分は約15分で、これでCambridge First 試験は終了となります。

ユーロセンターでの試験準備

よく学ぶ:数年間英語を学んでいたとしても、FCEの準備ができているとは限りません。試験特有の形式と時間のプレッシャーに対する特別の準備が必要となります。だからこそ、ユーロセンターは世界各校で試験対策コースを設けています。
 
このコースは8~12週となります。毎週、一般語学の授業を20レッスン、試験準備の授業を5レッスン受けることになります。5回の追加セッションにより受験の手法に慣れ、余裕をもって合格する方法を学びます。コースでは優れた教師と最新の教材による利点を最大限に受けられます。教材は Cambridge First対策を目的として英文学、新聞、雑誌、様々な音声の録音が主となっています。ユーロセンターの語学学校では試験の過去問題を使用して試験の練習をすることも可能です。
コースが終了したら同じユーロセンターの学校で実際の試験を受けることができます。慣れた環境でリラックスして試験に取り組むことができるメリットがあります。

FCE準備のためのユーロセンターでの留学

英語環境にいることで英語の能力は大きく飛躍します。英語圏の国に留学することで、英語メディアに囲まれ、ネイティブスピーカーと毎日交流し、さらにプロフェッショナルなコースで英語力を磨くことができます。毎日英語メディアに触れることで、リーディング、リスニング、ライティングへの準備が自然に身についていきます。さらに留学中は英語を話す機会が格段に増え、スピーキングの試験で上位の点数を目指す際に重要となる発音や語彙など英会話の基礎をよりしっかりと構築することができます。
 
ユーロセンターの語学学校ではCambridge First Certificateの準備に集中できます。言語能力が飛躍的に伸びるだけではなく、留学では忘れられない思い出を作ることもできます。活力のある街、美しい景色、本物の現地の文化をあなたの目と身体で体験しましょう。
 
Cambridge FCEはユーロセンターの様々な地域の語学学校で提供されています。語学学校でどんなことができるのかを見てみましょう!
 
ユーロセンター・ケンブリッジ校
 
Cambridge Certificateの生まれ故郷で勉強することでさらなる意欲が得られることうけあいです!有名なケンブリッジ大学で知られるイングランドのケンブリッジシャーは、何世紀にも渡って学問で知られている街です。ケンブリッジのユーロセンター語学学校は大学と同じ地域にあります。美しい大学や図書館の建築に囲まれた理想的な環境でFCEの準備をすることができます。高得点を目指すのには最高な環境です!
 
マイアミ校
 
英国の英語と同じように、米国の英語の知識もFCEには重要です。米国での語学留学をするならマイアミが最適です!太陽の州として知られるフロリダのマイアミ語学学校には様々な楽しみが満載です。マイアミビーチで単語を勉強した後は、カフェやバーでリラックスしたり、夜はにぎやかなナイトライフを楽しみましょう。思いっきり遊んだ後は太陽でいっぱいの教室でCambridge Firstの試験の準備をしましょう。マイアミにようこそ!

Cambridge First Certificateのアセスメントとスコア

 
FCEでは得点は以下のように分配されます。Cambridge FirstはCambridge English Language Assessmentのスタッフにより採点されます。これはケンブリッジ大学の一部門です。ケンブリッジ英語スケールでの最高得点は190点です。160~190点を獲得できれば試験には合格です。
 
160~170点の場合のグレードはCで、170~180点の場合のグレードはBです。両方のグレードはB2レベルの英語力があることを証明するものです。180~190点のグレードAに到達すると、C1レベルの達成も可能になります。これはあなたの英語能力が高度であり、仕事や社会的な場面の両方で効果的に英語を使用できるという証明になります。
 
点数が160未満の場合、FCEには不合格となります。しかし140~160点の場合、B1レベルの英語能力の証明書を受け取ることができます。IELTSやTOEICなどの試験とは異なり、Cambridge First Certificateは失効せず、再試験の必要はありません。試験結果は数年間有効です。
Cambridge First Certificate in English

FCEに関するご質問がある場合はお問い合わせください。適切な試験と、それに合った留学についてのアドバイスをさせていただきます。ケンブリッジ大学のCambridge English Language AssessmentウェブサイトからCambridge Firstやその他の言語能力検定試験について詳細を確認できます。ユーロセンターの語学学校で英語能力に磨きをかけ、FCEの余裕のある合格を目指しましょう!!

 

期間(週):
8-12
最大クラス人数:
14
最低試験レベル:
5
Course intensity (in lessons):
スーパーインテンシブ30

ケンブリッジ英語検定 CAE – 高度な英語レベルの証明

キャリアや学業で飛躍:Cambridge Certificate in Advanced English (CAE)は英語を第二ヶ国語として学ぶ人のための語学検定です。この試験はヨーロッパ言語共通参照枠のC1レベルに対応するものであり、ビジネスや学業における語学能力の公式な証明となります。
 

CAEを受けるべきなのはどのような人ですか?

  • すでにB2レベル以上にある語学学生(高校生)
  • 英語圏の高校や大学に留学したいと考える学生
  • 就職で言語能力を証明したい求職者
  • 英語圏で勤務するビジネスパーソン
  • 国際的な環境で勤務するビジネスパーソン

当てはまりませんか?その場合はまずCambridge First Certificate in English (FCE)の受験をおすすめします。この試験は英語の知識がまだ充分ではない語学学生(高校生)を対象としており、合格すると英語が流暢に使用できることが証明されます。

CAEの利点は何ですか?

  • 世界各地の6000以上の教育機関、企業、政府機関が認定
  • 英国、カナダ、オーストラリアの多数の大学の入学条件に認定
  • 英国とオーストラリアのビザ申請要件に認定
  • 英語圏の国での生活、勉強、仕事の準備に

CAEの試験形式と内容

すべての能力を試験:Cambridge Advanced試験は4つのセクションに分かれており、受験者の様々な言語能力を包括的にテストします。試験には読解と運用、ライティング、リスニング、フリースピーキングが含まれます。試験の所要時間は約4時間です。
 

英語の読解と運用

Cambridge Advanced試験の第一部は読解力をテストします。様々な文章の選択式問題に回答します。出題内容は短編小説、小説、新聞記事、雑誌記事、オンライン記事などです。文章の全体的なテーマと詳細な情報の両方を適切に理解できているかを示す必要があります。その次は語彙や文法の知識を試すため、穴埋め形式の様々な質問が提示されます。これは広範囲での言語の知識を測るテストです。英語の読解と運用のセクションで与えられる時間は90分です。
 

ライティング

次のセクションでは、2つのエクササイズで書く能力がテストされます。最初のエクササイズでは特定の文章に応じてパラグラフを作文します。新聞記事、パンフレット、手紙などが文章として提示されます。あなた自身の言葉で提示される文章をまとめ、その際特定の視点を反映させる必要があります(指示が出されます)。
このセクションの後半では3つのライティングエクササイズから1つを選択します。これは通常、手紙、申請書、レポート、アセスメントです。両方のエクササイズに与えられる時間は90分です。各文章への時間の配分は受験者に委ねられています。
 

リスニング

Cambridge Advanced Examのこのセクションではリスニングの能力をテストします。会話の抜粋、様々な長さのモノローグやインタビュー、ディスカッションなどを聞き、会話の一般的なトピックに関する質問や、話者の意見や態度などの詳細な情報について質問されます。資料は日常的なものからの抜粋です。録音音声はプレゼンテーション、スピーチ、インタビュー、ラジオショーなどがあります。
さらに英語の様々なアクセントを聞いていきます。録音の音声の話者は英国、米国、オーストラリア出身であり、受験者は様々な発音の違いを理解している必要があります。リスニングセクションで与えられる時間は約40分です。
 

スピーキング

フリースピーキングテストはできるだけ通常の会話に近づけることを目指しています。よって、フリースピーキングテストは対面で行われます(試験官とその他1人の受験者)。まず、試験官は各受験者に簡単な自己紹介や興味について尋ねます。ウォーミングアップが終わったら、各受験者は複数の画像について短く話すよう求められます。
 
次に、別の複数の画像を見ながら受験者同士で特定の指示に基づき会話を行います。例えば試験後に適切なレクリエーションのアクティビティは何か、次回の休暇にぴったりの旅行先は何か、などについて話し合います。その後試験官とより詳細にトピックについて話し合います。これは英語で自身の意見を伝達できるか、そして予想外の会話に対応することができるかをテストするCambridge Advancedのメソッドです。同時に文法や語彙を正しく使用できているか、さらに適切な発音や強勢で話しているかもテストされています。スピーキングテストは約15分です。
 

ユーロセンターでCAE対策準備

準備をしましょう:Cambridge Advancedは受験者の英語の知識に高度な水準を設定しています。英語学習のビギナーはまずCambridge First Certificate in English (FCE)の受験をおすすめします。しかし、十分な準備をしている経験豊かな語学学生であればCAEは難しいものではありません。だからこそ、ユーロセンターは世界各校で試験対策コースを設けています。
 
8~12週間のコースでは英文学、新聞、様々な音声の録音を主な教材として勉強します。さらにサンプル試験を使用して試験環境を再現し、本番に備えた練習が可能です。コース終了後、試験前に約1週間の準備期間があります。その後、数週間慣れ親しんだユーロセンターの学校で自信を持って試験に臨むことができます。
 
 

CAE準備のためのユーロセンターでの留学

英語を学ぶには授業中だけではなく、毎日の生活で継続して使用する必要があります。だからこそ、英語に囲まれることができる英語圏の国への留学は英語学習には最適です。語学留学中は新しく学んだ表現を気軽にネイティブスピーカーに実際に使用することができます。スピーキングテストへの準備には最高の環境です。さらに語彙を増やし、英語の使い方をブラッシュアップできます。
 
英語メディアに継続して触れることで、試験の読解やリスニング対策も自然に身についていきます。品質の高いユーロセンター英語コースへの参加や毎日英語に接することで、語学留学では様々なユニークな体験をすることができます。
例えばユーロセンターの次の2つの学校でどんなことができるのかを見てみましょう!
 
ユーロセンター・ケンブリッジ校
 
Cambridge Certificateの生まれ故郷で勉強することでさらに試験への意欲が得られるかもしれません。英国でも有数の学都であるケンブリッジは、独自の学生文化で知られる街です。大学やその図書館の美しい建物は何世紀にも渡り学問の歴史を見てきました。学生にぴったりの環境のケンブリッジにあるユーロセンターでCambridge Advanced Certificateの準備をしましょう。学問の都市で思いっきり学び、余裕を持って試験に臨みましょう!
 
ニューヨーク校
 
英国以外にも英語を学ぶのに適した都市はたくさんあります。美しい建築や世界でも有名な観光地などで知られるニューヨークは、友達を作るのにも理想的な都市です。コンサートや演劇、ミュージカルを楽しんだり、地元の人達と話して生の英語に触れましょう。マンハッタンイーストサイドにあるユーロセンターの学校では試験準備だけではなく、眠らない都市での忘れられない思い出を作ることもできます。

Cambridge Advanced Certificateのアセスメントとスコア

CAEでは得点は以下のように分配されます。Cambridge Firstはケンブリッジ大学のCambridge English Language Assessmentのスタッフにより採点されます。試験の最高得点は210点です。200~210点ではグレードAを獲得し、C2レベルの証明書を受け取ることもできます。これは、英語力がネイティブスピーカーに匹敵するものであるということです。180~200点の範囲内のグレードBとCは、C1レベルの英語力があることを証明するものです。
 
上記の3つのグレードの点数を獲得すると、Cambridge Advanced英語検定に合格します。それ未満の点数の場合、CAEには不合格です。しかし160~180点の場合、B2レベルの英語能力の証明書を受け取ることができます。IELTSやTOEICなどの試験とは異なり、CAEは失効せず、再試験の必要はありません。試験結果は数年間有効です。

CAEについてご質問がある場合はユーロセンターにお問い合わせください。適切な試験と、それに合った留学プログラムについてのアドバイスをさせていただきます。ケンブリッジ大学のCambridge English Language AssessmentウェブサイトからCAEやその他の英語検定について詳細を確認できます。この機会にあなたの英語能力を公式に証明しましょう!

 
期間(週):
8-12
最大クラス人数:
14
最低試験レベル:
7
Course intensity (in lessons):
スーパーインテンシブ30

Cambridge Proficiency (CPE)

歴史あるケンブリッジ大学の検定試験は、企業においても高く評価されています。長期コースで最大限の上達を遂げるように構成されています。テスト内容は、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング、語学知識が試されます。また幅広い文法の知識と豊富なボキャブラリーが必要とされます。CPEは英語教員や他言語の専門家が受験する大変レベルの高い検定試験です。レッスンでは、意味の細かな相違や、あなた自身を正確で自然な英語を使って明確に説明する能力を伸ばします。

期間(週):
8-12
最大クラス人数:
14
最低試験レベル:
8
Course intensity (in lessons):
スーパーインテンシブ30

フルタイムケンブリッジファースト(FCE)

歴史あるケンブリッジ大学の検定試験は、企業においても高く評価されています。長期コースで最大限の上達を遂げるように構成されています。テスト内容は、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング、語学知識が試されます。このレベルから企業においても高い評価を受けます。FCEは、オフィス環境の中で英語を使って仕事をする語学力があるかどうかを判断する、基準となる重要な資格です。英語の知識を増やし、効果的な使い方を学ぶことで、より早い語学力の上達を実感し、将来のキャリアアップの可能性を広げます。

期間(週):
8-12
最大クラス人数:
14
最低試験レベル:
5
Course intensity (in lessons):
ベーシックFulltime First Course

フルタイムケンブリッジアドバンスコース(CAE)

歴史あるケンブリッジ大学の検定試験は、企業においても高く評価されています。長期コースで最大限の上達を遂げるように構成されています。テスト内容は、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング、語学知識が試されます。またさまざまな内容の長文読解能力が必要とされます。 CAE は英語環境の中で、毎日仕事に従事する方に最適な試験です。また英国の大学へ留学する際の資格試験として適用されています。レッスンでは、試験に合格するために必要な語学スキルとテクニックの習得に重点を置き、総体的な語学力の上達をはかります。

期間(週):
6-12
最大クラス人数:
14
最低試験レベル:
7
Course intensity (in lessons):
ベーシックFulltime Advanced Course

TOEFL

北米の大学への留学希望者を対象とするコンピューター受験。テスト内容はアカデミックな内容のリスニング、リーディングに加え語学知識が試されます。レッスンでは、効果的なノートの取り方、講義やセミナーの理解、アカデミックな内容のディスカッションへの参加など、大学で学ぶために必要なスキルを学びます。TOEFL®はアメリカ、カナダの大学へ留学する際に求められる資格試験です。レッスンでは多くの練習に取り組み、目標スコアを確実に達成できるよう指導を行います。さらに。希望大学のコース選定のガイダンスや申請書類作成のサポートを行います。

期間(週):
2-52
最大クラス人数:
14
最低試験レベル:
2
Course intensity (in lessons):
インテンシブスーパーインテンシブ30

TOEIC

テスト内容はビジネスに関する内容のリスニングとリーディングに加え語学知識が問われます。スピーキングとライティングのテストはありません。TOEIC® テストでは、intermediate及びadvancedレベルにおけるビジネス英語能力を測ります。年間4万5千人以上が受験し、世界的に通用するビジネス英語能力を測る基準となっています。レッスンでは目標スコアに到達するために必要なスキルを集中して学びます。

期間(週):
2-52
最大クラス人数:
14
最低試験レベル:
1
Course intensity (in lessons):
インテンシブ

Intensive TOEFL

コンピューターによるTOEFLテストを受験する学生や社会人のための集中試験対策コースです。

期間(週):
11
For following language levels:
6-9 (B2-C1)
最大クラス人数:
13
Course intensity (in lessons):
大学プログラム

DELF A1

DELFはコミュニケーション能力を評価する最新式の検定試験です。大変希望者の多い資格であり、他の検定試験の方式と異なり特別な試験テクニックは必要ありません。 テスト内容は、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングにて一般的なコミュニケーション能力が試される。また、文化知識及びビジネス語学能力が問われる。

期間(週):
2
最大クラス人数:
14
最低試験レベル:
1
Course intensity (in lessons):
インテンシブ

DELF A2

DELFはコミュニケーション能力を評価する最新式の検定試験です。大変希望者の多い資格であり、他の検定試験の方式と異なり特別な試験テクニックは必要ありません。 テスト内容は、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングにて一般的なコミュニケーション能力が試される。また、文化知識及びビジネス語学能力が問われる。

期間(週):
2
最大クラス人数:
14
最低試験レベル:
1
Course intensity (in lessons):
インテンシブ

DELF B1

DELFはコミュニケーション能力を評価する最新式の検定試験です。大変希望者の多い資格であり、他の検定試験の方式と異なり特別な試験テクニックは必要ありません。 テスト内容は、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングにて一般的なコミュニケーション能力が試される。また、文化知識及びビジネス語学能力が問われる。

期間(週):
2
最大クラス人数:
14
最低試験レベル:
1
Course intensity (in lessons):
インテンシブ

DELF B2

DELFはコミュニケーション能力を評価する最新式の検定試験です。大変希望者の多い資格であり、他の検定試験の方式と異なり特別な試験テクニックは必要ありません。 テスト内容は、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングにて一般的なコミュニケーション能力が試される。また、文化知識及びビジネス語学能力が問われる。

期間(週):
2
最大クラス人数:
14
最低試験レベル:
1
Course intensity (in lessons):
インテンシブ

DALF C1

Diplôme Approfondi de Langue Française (DALF) 準備コースは、C1およびC2レベルの語学学習者が世界中で認知されているこのフランス語資格に向けて準備するためのコースで、DELF Diplômeの次のステップとなります。C1レベルでは、学習者はフランス語を文章および口頭の両方において流暢で表現豊かに使用し、メディア放送を理解して正確に要約できます。C2レベルでは、学習者は学術的な状況においてフランス語を問題なく使用でき、さらに流暢なディベートスキルを持ちます。DALF試験はおよそ4時間にわたって実施され、会話力、リスニング、読解力、文章力のすべてを網羅します。この試験に合格することはフランスのほとんどの大学入学の門を開いてくれるだけでなく、履歴書をより魅力的にしてくれる国際的に認知された資格を得ることにもなります。

ユーロセンターのフランス語コースはDALFの内容に合わせてデザインされており、C1とC2の試験に向けて学生の準備を進めます。フランス語を実際にフランス語が話されている海外の環境で学ぶ機会を得ることで、語学スキルがさらに向上します。コースの教員は成果が実証されているツールを用いて、すでに高度なスキルを持つ学生に適した、広範囲に及ぶテーマと語学活用を網羅する多様性に富んだ授業を提供します。学生は試験に向けて準備をしつつ、テレビやラジオの討論のリスニングや雑誌と新聞の読解など、フランス語を様々な状況で使う、楽しく充実した機会を得ることができます。

期間(週):
2,4
For following language levels:
8-9
最大クラス人数:
14
Course intensity (in lessons):
インテンシブ

Goethe

試験はコミュニケーション力を基本とし、どのレベルのドイツ語学習者にとっても語学力をさらに伸ばす目標となります。レッスンでは各試験の内容に関連した教材を使用します。ゲーテ・インスティチュートはケンブリッジ英語検定またはAlliance Française(仏語)と同等の資格です。

期間(週):
2-52
最大クラス人数:
14
最低試験レベル:
4
Course intensity (in lessons):
インテンシブ

Open Choice Ielts

期間(週):
22-52
For following language levels:
4-9 (B1-C1)
Course intensity (in lessons):
オープンチョイス 20オープンチョイス 25オープンチョイス 30
無料の語学力評価テスト
語学学習体験に飛び込む準備ができているなら、まずは学力レベルを自ら把握されておくといいでしょう。ここでユーロセンター独自の語学テストを利用して語学スキルを評価できます!
処理中